株式会社アーバン設計

新着情報&Topics

2011年08月23日

会社概要

会社概要

株式会社アーバン設計

代表取締役  高橋 晃一

本社

〒963-0201
福島県郡山市大槻町字御前東46番地26
TEL 024-961-7500 FAX 024-961-2411
ホームページ http://www.urban-dc.com
お問合せはこちらから

[設    立]

平成元年6月22日

[資 本 金]

1,000万円

[従 業 員]

社員数  38名(技術系35名 事務系3名 )

[登録事業]

建設コンサルタント登録 建21-第6669号
測量業者登録 第(4)-18636号
派遣業登録 特07-300665

[建視朗]

業務内容

調査業務イメージ

調査業務

橋梁・トンネル・構造物劣化調査(打音、赤外線、電磁探査、超音波、X線、EPMA、磁粉探傷、塗膜、応力頻度測定、衝撃弾性波、温度応力解析、AE 、三次元熱赤外線劣化診断、外壁調査、配筋調査、地質調査、土質調査、埋設線調査、放射線モニタリング。

設計業務イメージ

道路

道路、河川砂防、橋梁、構造物、構造物補修補強、上・下水道、電線共同溝、配湯管、区画整理、造成、水路、建築物補修設計、建築設計、除染計画、汚染土壌仮置場設計。

点検業務イメージ

点検業務

道路防災点検、橋梁点検、トンネル点検・橋梁長寿命化点検、法面点検、構造物点検。

測量業務イメージ

測量業務

地上測量、地上三次元写真測量、変位計測、三次元図化、動画作成。

営業所

[東京支店]

〒111-0042
東京都台東区寿2-9-16
ワールドマンション田原町306号
TEL・FAX 03-6231-6706

[福島営業所]

〒960-8253
福島県福島市泉字清水が丘12番地の1
TEL 024-557-1535

[二本松営業所]

〒969-1513
福島県二本松市羽石118-11
TEL 0243-53-2772

[喜多方営業所]

〒966-0912
福島県喜多方市豊川町一井字千刈121
TEL 0241-22-3796

[田村営業所]

〒963-3602
福島県田村市滝根町神俣町156-1
TEL 0247-61-6992

有資格者

技術士(鋼構造及びコンクリート、トンネル、道路認定)・・・3名

技術士補(建設部門、上下水道部門)・・・3名

1級建築士・・・2名

2級建築士・・・2名

1級土木施工管理技士・・・6名

1級建築工事管理技士・・・1名

コンクリート診断士・・・1名

監理技術者・・・2名

JR工事管理者・・・1名

区画整理士・・・1名

測量士・・・9名

第三者被害橋梁点検受講者・・・1名

下水道技術検定(2種)・・・2名

微破壊非破壊試験認定資格者 ・・・1名

道路防災点検技術者・・・1名

配筋探査資格者・・・1名

橋梁点検技術研修終了者・・・2名

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任・・・2名

赤外線劣化調査講習修了者・・・10名

高所作業者特別教育・・・13名

高所作業車技能講習修了者・・・2名

ゴンドラ特別教育者・・・3名

除染業務監理者・・・21名

職長、除染特別講習終了・・・2名

木橋点検士・・・3名

応急危険度判定士・・・2名

RCCM(道路、鋼構造及びコンクリート、河川砂防、下水道、トンネル、土質基礎、建設環境)・・・10名

販売ソフト「建視朗」について

[建視朗について]

外壁三次元赤外線診断(3ツールで構成)
①赤外線診断ツール(赤外線紗画像診断支援等)
②三次元化ツール(デジタル写真の三次元化と図化)
③レポート作成ツール(外壁診断報告書及び12条点検報告書作成支援)

[特  許]

コンクリート構造物の劣化診断方法(特許4155976号)平成20年7月18日取得

[受 賞 歴]

「福島県新商品生産による新事業分野開拓者認定制度」
認定番号 H2201-003
「第56回福島県発明展」福島県知事賞

[NETIS]

現在東北地方整備局へ「コンクリート構造物劣化診断方法」を申請中

協会加盟等

[協会加盟等]

土木学会委員(木橋技術委員:1名)
建設コンサルタント協会会員
木橋技術協会会員
日本測量
協会会員
次世代CALS研究会会員
福島県建築士事務所協会賛助会員
日本赤外線劣化診断普及協会 会員
日本赤外線サーモグラフィー協会会員
福島県外壁診断協会会員
日本道路協会員
環境放射
能除染学会員

企業理念

社会基盤の維持管理と再生を考えたコンサルティング

TNJ、環境防災と連係を強化し、構造物や斜面防災に、AEや高密度弾性波、赤外線等非破壊試験等のデータを三次元化して管理・解析の出来るシステムや地下構造状況や大気汚染状況を三次元モデルで解析検討するなど「特異性」のある企業を目指します。

▲ページトップに戻る